行政書士の学習期間はビックリするほど長い

筆記用具

広く活用できるものが人気

男女

日本にはビジネスに役立ついろいろな資格があります。特定の職業が保障される国家資格は社会的地位が得られますが、広く活用するにはもっと実用的なスキルが人気です。公的資格には信用度や知名度が高くキャリアアップにつながるものが多くあります。もし迷った場合はランキングなどを参考に選んでみてもいいでしょう。

もっと読む

出世とともに必要になる

ウーマン

マネジメントを勉強すると、知識を身に付けることができる上に資格の取得もできます。非常にメリットは多いのですが、あくまでも仕事のためであり、資格取得が最終目標ではないという意識は常に必要です。

もっと読む

専門的に学ぶ

男女と子供

保育士になるためには、学校に通いながら保育士の資格を取得されると良いでしょう。専門学校や4年制大学などが選べます。学費なども大きく異なってくるので、事前によく調べておくとよいでしょう。夜間学校で学ぶことも出来ます。

もっと読む

どれほど勉強すれば良いか

勉強する人

受験資格はありません

行政書士の資格は国家資格の1つの資格であり、司法試験と違って受験資格がなく誰でも受けることができるので多くの人が受験しています。未成年でも受験可能であり、大学を卒業していない人でも法学部で単位を取っていない人でも受験することができるのです。行政書士の仕事を主にした人気漫画の影響から勉強して資格を取ろうとする人も多くなり、受験する人が増えてきている理由ともなっています。行政書士の資格を取るために大学で法学部を専攻して学ぶ人もいれば、専門スクールに通って法学を学ぶ人もいますし、なかには独学で資格取得を目指す人も存在しています。独学で学ぶ場合は学習期間はどれほどかかるものなのか、気になる人も多くいるといいます。

10ヶ月以上の勉強が必要

行政書士という仕事は行政に関する専門的な仕事を行なう立場のことを言いますが、資格を取るためには行政法だけを覚えれば良いというわけではありません。憲法も民法も全体的に法学を知らなければ取得は難しいもので、合格率も毎年一桁という難易度の高い資格なのです。そのため学習期間は1ヶ月勉強すれば取れるというものではありません。独学の場合は、習得できる力にもよりますが、学習期間は10ヶ月は最低でも見込むほうが良いといいます。人によっては学習期間が3ヶ月か4ヶ月ほどで資格取得できるほどの知識を習得できる人もいるといいますが、それは本当に習得力が優れている人に限ったことです。平均的には10ヶ月以上かかるほどの学習機関が必要とされ、しっかりと行政書士として活動することができる知識を身につけた人が得られる資格なのです。